12月17日(土) 大和市のアムールホールにてフルートの山形由美さんと演奏会がありました。
デビュー30周年を迎えた山形さんの記念コンサートで
「山形由美 デビュー30周年 珠玉のデュオ・コンサート」に共演という形でお呼びいただきました。

ホールまでの入り口がヨハン・シュトラウスⅡの「美しき青きドナウ」のメロディーで迎えられ、
クリスマスの華やかな飾り付けにもてなされました。

15590247_1512341305472500_647489056358418673_n15492258_1512341385472492_1130191855761148467_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場は150席のお客様との交流がより感じられる程よい空間で、とても響きの良いホールでした。
15622488_1512341312139166_3730278726794646377_n

15622216_1819489234989462_2532371905568306834_n

 

 

 

 

 

 

 

 

曲目は
愛のあいさつ
バッハのシチリアーノ
ヘンデルの水上の音楽よりエア

それぞれのソロで
グリンスリーブスの変奏曲(フルートソロ)
グリンカの夜想曲(ハープソロ)

また二人のデュオで
マスカーニのカバレリア・ルスティカーナの間奏曲
現代奏法が色々あって面白い
アンドレのナルテックス(聖堂の門)

前半は上記のクリームのドレス。
休憩中のチューニングの時にお客様が撮って下さいました。
たくさんのお客様にカメラを向けられたので、目がどこを向いているのか(笑)

image1

後半はこちらのグリーンのドレス。山形さんは艶やかなマゼンタのドレス。
お綺麗ですね〜。

曲目は前半のクラシックから一転してポピュラーもの。

美女と野獣
いつか王子様が
のディズニーもので始まり、後半もお互いのソロ

モリコーネのニュー・シネマ・パラダイス(ハープソロ)
今回はメインテーマと初恋を弾きました。
山形さんはピアソラのタンゴ・エチュード(フルートソロ)

そしてまた2人での演奏になり
ピアソラのリベルタンゴ

クリスマス・シーズンということで
バッハ=グノーのアヴェ・マリア
ファースト・ノエル
オー・ホーリー・ナイト

最後に
モノーの愛の讃歌で華やかに終わりました。

アンコールを頂いて弾いた曲は
ジョン・レノンのハッピー・クリスマス
踊り明かそう

お客様から
「心にしみた」
「涙があふれた」
とのご感想をいただき、特にソロで弾いたグリンカの夜想曲のCDがないか
何人もの方から問い合わされたそうです。
(もう一つのニュー・シネマ・パラダイスは「ベラ・ノッテ」に収録されています)

次のCDを企画中で入れる予定はなかったのですが、
私も大好きな曲なので入れてバランスが取れるか検討してみようと思っています。

今回の演奏の機会を下さって山形由美さんと山形さんの事務所の方、ホールの関係者の方々に心より感謝申し上げます。
ありがとうございました!