夢の演奏会が終わりました。

今年一年、この演奏会のためにいろいろ準備してきました。
2月に加藤さんとの選曲で9割の曲を決め、3月、4月、6月と丁寧なリハを重ね、
9月の集中リハ3回で本番を迎えました。

春のリハで加藤さんから沢山の演奏技術を学び、
それを自分のものにひとつずつ落とし込んで行きました。
落とし込む過程は言わば「筋トレ」と同じ。
苦痛、混乱、迷いの中から答えに結びつく光を見出して行く。
見つけたら早い。自分でもグングンと成長して行くのが実感出来るほどだった。
 
リハの録音とあわせながら練習を重ねていても、
実際に合わせの練習をすると上手く合わない時がある。
何度も何度も合わせをした。32分音符のずれも指摘され、修正した。
その成果は本番に確実に現れた。
 
「カルメン・ファンタジー」は「ブラボー!」まで頂いた。私も途中から血が燃えるのを感じた。
暑くなって着ていたレースのボレロを後半で脱いで演奏した。
 
ラヴィ・シャンカルの「魅惑の夜明け」はどよめきが起きた。
これはフルートの超絶技巧に圧倒される曲。
当日の録音を聴いたら、かなりエキサイトしていて、いつもより速かった。
 
ダマーズはテンポの微妙な揺れも、その場の生きた演奏が出来ていた。
この曲を加藤さんとやりたくて、8年の歳月が流れたのだ。

加藤さんと本当に良く会話が出来ている。

合わせてくれるし、私も合わせた。
 
本当に夢のような瞬間だった。
 
アンコールはフォーレの「シシリエンヌ」とイベールの「間奏曲」
どちらもフルートの名曲。
 
「シシリエンヌ」は他の人とやるよりテンポが速め。
でもそれがシチリアのリズムに乗りやすくなる秘訣。
 
イベールの「間奏曲」は躍動感溢れる曲なだけに、大きな拍手を頂いた。
 
今までで最高の演奏会。
頑張った分だけちゃんと結果として出る。
それを実感した演奏会でもあった。

はがき