「  私はピアノ経験も浅く、楽譜もどうにか読める程度に過ぎませんが…音色に惹かれ、大人になってからハープを始めました。22弦の小さなハープから始めて数年。楽しくはあったものの、段々と音域の広い曲にも挑戦してみたくなり、一年前、36弦のハープを購入しました。
  鳴らせる音が増え、世界が広がる一方で、思うように弾けないもどかしさを感じていた所、ご縁を頂き、松本先生のご指導を受けるようになりました。
  先生は、何故弾きにくいのか、指の形から丁寧に説明して下さり、小さな疑問にもその都度分かりやすく答えて下さいます。
  自分では気付けなかった癖や、無理のない弾き方など、いつも一緒に考えて下さるのがとても心強く、今は少しずつ前進出来ている実感があります。
  音楽を聴く喜びだけでなく、奏でる楽しさを経験出来ること…ハープとの出逢いから、より音楽が身近になり、日々の暮らしを彩ってくれているのを感じます。
  これからも先生にご指導頂きながら、この素敵な楽器に出逢えた幸せとご縁を大切に、精進して参りたいと思います。」 40代・女性
楽器店で楽器を購入した時にスタッフが話を聞き、色々と疑問をお持ちだけれど当時通っていた教室がグループレッスンで、質問できずに悶々としたご様子とのことで、2015年8月から教えるようになった。指の力もあり、発音も良く、真面目で向上心がある生徒さんです。
指の形、落とす方向、左肘の位置などを変えた方が良い理由も含めて伝えると「こちらの方が楽です」と雲が晴れたような笑顔とともに喜んでいただける。教え甲斐のある生徒さんと出会い、私も毎回のレッスンがとても楽しみになっている。