作曲の先生となるべく簡単に、でもオシャレになるようにしました。

楽譜←ここをクリック

半音のレバー操作がある曲なので慣れるのでは大変かもしれませんが、

これが弾けたら、もうひとつのバージョン(楽譜←ここをクリック)もトライしてみて下さい。